ニュース一覧

周りの認識が大切

老人

すぐに病院へ

誰でも、歳をとると物忘れが激しくなるなど、脳の老化の症状が出てくるものです。しかし、認知症は脳の老化とは違って別の病気で脳の神経細胞が壊れるせいで、怒る症状の事を言います。例えば、脳の老化では物事の一部を忘れてしまって、ヒントを貰えればすぐ分かる事が多々ありますが、認知症の症状は物事の全てを忘れてしまってヒントを貰っても分からないのがほとんどです。脳の老化では、症状はあまり進行しませんし、自分が忘れているという自覚があります。しかし、認知症は段々進行して症状が酷くなってしまうケースが多い上に、自分で忘れているということに気づけません。それに判断力が鈍るという症状もあります。認知症のうち、約半分の割合を占めているのがアルツハイマー型です。次にレビー小体型認知症、そして血管性認知症です。認知症は治らないものと捉われがちですが、実は治るものもあります。それが正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫などです。完全には治らないとされている認知症でも薬物療法やリハビリテーションなどで進行を遅らせることが可能です。また、認知症には判断力が鈍ったり物忘れが激しくなるだけでなく、幻覚が見えたり奇声を発したり怒鳴るなどの異常行動が見られる場合もあります。それがレビー小体型です。脳血管性型では手足が痺れるなどの直接的な症状もあります。こういった場合に周りの人は怖がったりなどせず、予め知識を付けておいたり、すぐに病院に連れて行ったりなどの適切なサポートをするのが大切です。