ニュース一覧

早期の受診が鍵です

手

周りの対応も大切です

認知症とは、認知機能に問題が生じることですが、広く知られている点で言えば、やはり物事を忘れてしまったり、それまで分かっていたことが分からなくなったりといった症状ではないでしょうか。ただ、実際の症状や進行具合は人によって様々です。初期の症状であれば、年齢を重ねることによる物忘れと捉えられてしまうこともありますし、たまにしか会わない人の前では症状が出ない場合もあります。また、それまで出来ていたことが上手く出来なくなったり、認知症ということを受け入れられないもどかしさから、気持ちが不安定になり、浮き沈みが激しくなったりするということもあります。認知症は、他の病気や怪我と比べ、本人の申告は期待出来ないことが殆どです。また、周りが認知症の疑いを察知したとしても、本人が医療機関の受診を拒否することもあるため、対応が遅れてしまうことも珍しくありません。けれど、症状の進行を少しでも遅らせるためには、早期に治療を始めることが鍵となります。というのも、治療で目指すのは完治ではなく、如何に症状の進行を遅らせるかといった点だからです。いち早く周りが気付き、医師へと相談出来るかどうかが大切になります。また、認知症になってしまうと、本人はもちろん家族も症状を隠そうとして、他人との交流や行動範囲を制限してしまいがちです。けれど、興味の持てることを探したり、新しいことにチャレンジしたり、日々の生活に変化をもたせることはとても大切です。